社会福祉法人 豊中ファミリーについて

社会福祉法人 豊中ファミリーは、総合高齢者福祉施設「アリス千里」「アリス箕面」「アリス甲子園」を『家族愛から笑顔の輪を地域社会に広げる』をモットーに運営しており、より幅広い社会貢献を目指しています。

施設名 『アリス』 の由来

少女『アリス』は、イギリスの童話作家ルイス・キャロルによる『不思議の国のアリス』(1863年) 『鏡の国のアリス』(1871年) の主人公で、ファンタジーにあふれた冒険活劇を繰り広げます。
「私たちは、寝る時刻の訪れにいらだつ、歳のいった子供なのだ。
そとは、凍てつく寒さ、荒れ狂う雪。吹きすさぶ嵐の雄叫び。
うちは、赤々と燃える炉辺の語らい。幼年の喜びの帰ってくる場所。
魔法の言葉は、すぐにとりこにし、吹きつのる嵐を忘れるだろう。」

『鏡の国のアリス』 序詞

社会福祉法人「豊中ファミリー」は、ご高齢者の皆様のうち(家)であり、
幼年の喜びの帰ってくる場所でありたいと願っています。
その願いを込めて、運営する施設名に『アリス』の名を冠しています。

アリス千里、アリスガーデン『鏡の国のアリス』、彫刻
アリス千里、アリスガーデン
『鏡の国のアリス』、彫刻

アリス千里ブログ